画面が割れてしまったらどうする?

メーカーの保証を残して修理する場合

画面が割れてしまった場合に画面を元通りにするには、本体を買い換える以外には修理しかありません。メーカーの保証を残して修理するには正規の修理業者に頼みましょう。正規の修理業者の場合は非正規の修理業者に比べてみて、修理費用は高くなる場合があります。しかし、正規の修理業者は純正の修理部品を使用するので安心です。また正規の修理業者はメーカーが認める水準の教育を受けているので、技術面で確かなものがあります。ただし、正規の修理業者は非正規の修理業者に比べて数が少ないので修理期間が長くなったり、受付時間が長くなってしまう場合があります。地方にお住まいの方によっては近くに正規の修理業者がいない場合もあります。修理業者によっては柔軟に対応して貰える場合があるので、修理を頼む前に事前に電話で確認をしてみるほうが良いと思います。

メーカーの保証を残さずに修理する場合

画面の修理方法には正規の修理業者に頼む以外の方法もあります。メーカーの保証は残らないというデメリットがありますが、正規の修理業者に頼むより安価にできる場合が多いです。この方法は大きく分けて2つあります。1つ目の方法は自分で修理する方法です。この方法で修理すると修理技術の習得に時間が掛かりますが、部品代だけで修理ができるので修理費用がもっとも安くなります。また、部品自体は純正を使用することも可能ですので、修理技術に自信があればもっとも安心な修理の方法ともいえます。2つ目の方法は非正規の修理業者で修理することです。正規の修理業者よりも安く修理できる場合が多いですが、部品が純正でない場合が多いので修理前に部品の確認が必要です。